root
2,299 views

ビジネスとクリエイティビティの融合を目指す学校「Kaospilot」とは?

クリエイティブな力をビジネスに活かすことはできないか・・・。この発想は、デザインを生業とする人なら一度は考えたことがあるのではないでしょうか。広告やプロダクトのようにデザインを売るという方法ではなく、クリエイティブな思考そのものが持つ柔軟なパワーをビジネスの場に持ち込むことができれば、これまでにないイノベーションを起こすきっかけになるのではないでしょうか。

主体はあくまで学生

そんな発想で作られた学校がデンマーク第二の都市、オーフスにある「Kaospilot(カオスパイロット)」です。混沌(カオス)とした世界の中で、パイロットのようにナビゲートできる人材を育成したいとの意味が込められています。

この学校のユニークさは、なんと言ってもビジネス思考とデザイン思考を融合させている点です。学生は、ビジネススクールとして、マネジメントやリソースの活用法を学ぶ一方、デザインスクールとして、「ある役割、目的、効果のために何かを計画する」というデザイン思考を学びます。

その一例として、同校の授業の大半がワークショップ形式で進められるということが挙げられます。学生同士でディスカッションし、それぞれの目指す方向を伝え、助け合いながらゴールを見つけるスタイルです。教師は、学生たちのディスカッションを見ながら、必要に応じてアドバイスはしますが、基本的には学生たちが主体となって授業を進めていきます。

積極的に失敗することを推奨する

こうしたスタイルをとるのは、カオスパイロットが”Learning by Doing”(実行することで学ぶ)ことを重視しているためです。

一般的なビジネススクールは、座学を中心ですから「理論」で問題解決策を模索します。
しかし、カオスパイロットは、学生たちに講義や文献で得た知識をもとに、他人と一緒に
プロジェクトを「体感」し、「実践」しながら学ぶ手法が採られます。こうすることで学生それぞれの「発想力」や「想像力」が自然と引き出され、新しい解決策の糸口になるからです。

各プロジェクトは、企業やNPOと共同で行う実践スタイルですが、必ずしもうまくいくわけではありません。カオスパイロットの狙いはここにあります。
「失敗」は、新しい解決策を生み出す糧である―「失敗」から学ぶ大きさを知る先達による最高の授業です。この為、失敗を恐れず、積極的にプロジェクトを動かすことが推奨されています。

こうした取り組みが評価され、カオスパイロットは、2008年にBusinessWeek誌で世界の「ベストデザインスクール」に選出されました。

個人のクリエイティビティをトレーニングで引き出す

学校長のクリスター氏はこのように言います。
「クリエイティビティとは生まれ持った才能ではありません。スポーツのように継続的にトレーニングを積むことで高めることができるものなのです。」

その言葉が表すように、カオスパイロットには「即興劇」というカリキュラムがあります。生徒には直前までテーマを知らせず、その場で思いついたことを演じるというものです。ビジネススクールとは思えないユニークな授業ですが、誰もが持つクリエイティビティを引き出し、伸ばすためのトレーニングの一環として行われています。

失敗を奨励することで、個人のクリエイティビティを引き出し、自由な発想法が自然と身に付く実践的なビジネススクール、だからこそカオスパイロットには、将来のイノベーターを目指す学生が世界中から集まってくるのでしょう。

参考サイト:世界で最も刺激的なビジネススクール「The Kaospilots」の授業とは?

混沌とした世界を切り開く!
チェンジメーカーを育てるデンマークの“カオスパイロット”訪問記

画像: photo credit: kevin dooley via photopin cc

 新規事業・UXデザインのことなら私たちにご相談ください。

私たちは事業戦略に応じたプロダクトデザイン戦略策定からUXデザイン、人間中心設計に基づいたデザイン手法を実行することで事業の立ち上がりから成長までの過程を支援します。サービス開発、UXデザインのことでお困りの方は、rootまで気軽にご相談ください。

root

公式アカウント

root

公式アカウント

「芯を問い、成長に貢献する」をミッションに事業戦略に応じたプロダクトデザイン戦略の立案からUXデザイン、人間中心設計に基づいたデザイン手法を実行することで事業の立ち上がりから成長までの過程を支援します。

SNSをフォローする

ストーリー&インタビュー

人気の記事

問い合わせ

プロジェクトに関するご相談やお見積依頼はこちらからご連絡ください。社内で検討されたい方のために事業紹介をまとめた資料をお送りすることも可能です。

採用情報

rootのカルチャーに興味があり一緒に働きたいとお考えの方はこちらをご覧ください。正社員、パートナー、インターン等雇用形態に限らず受け付けております。