root
885 views

これからのマーケティングに不可欠!Webサイトのパーソナライゼーション

消費者ニーズの多様化にともない、Web 上でも、よりユーザー1人ひとりの趣味や嗜好に合った情報が求められるようになりました。そのような中、Web サイトの「パーソナライゼーション」をこれまで以上に重視する企業も出てきています。

「パーソナライゼーション」とは、カスタマーに関するさまざまな情報(Web 閲覧行動、購買行動など)をもとに、カスタマーに最適な情報を提供する手法あるいは戦略のことです。

これからのマーケティングにおいて、パーソナライゼーションは、ますます重要性が増してくるでしょう。いまや、「万人向け」の情報を提供しているだけの Web サイトでは集客がままならない場合もあるからです。

今回は、Web サイトのパーソナライゼーションの代表的な手法をいくつかご紹介します。

Web サイトのパーソナライゼーションはどう行う?

ここでは、実際どのようにセグメンテーション(不特定多数の人々を、似たようなニーズや特徴を持つ顧客のグループに分けること)を行い、どうターゲット層へアプローチしていくかをみていきましょう。

1. サイトへの訪問回数

ユーザーがサイトに訪れたのは何度目であるか、という情報をもとに、その回数に適した情報を提示します。初めて訪れたユーザーに対しては、「初めての方はこちら」という案内文を表示し、そのサイトの基本的な構造や使い方を説明するページへ誘導する、といったパターンが含まれます。

2. クリック履歴、サーチ履歴

ユーザーのクリック履歴やサーチ履歴を分析し、「現在のおすすめ」を提示します。大手 EC サイトなどで見られる一般的な手法です。たとえば、旅行会社のサイトで、「氷河クルーズ」に関するコンテンツのクリック回数が多いユーザーには、「アラスカクルーズ」をオファーするといったパターンです。興味を持ってくれそうなユーザーにピンポイントで情報を発信できる、無駄のない方法です。

3. ローカル情報

ユーザーの現在地情報(ロケーション)によって、その土地の気候に合った商品を提示します。たとえば、衣料品を取り扱う会社では、地域によるシーズンのずれに合わせて商品オファーを行うことで、無駄な在庫を減らすことが可能となります。さらに、雨が降っているときにはテンポラリーに(一時的に)雨具を提示するなど、地域情報をもとにした「商機を逃さない」仕組みがいろいろと考えられます。

4. CTA ボタン

ユーザーが 1 度クリックした CTA ボタンは、次回のサイト訪問時には表示されないようにします。その代わりに別のメッセージを載せたボタンを表示すると、無駄のないマーケティングとなります。たとえば、初めに用意した CTA によって基本的な資料をすでに得たユーザーに対しては、2 回目の CTA ボタンでは、「より詳しい資料はこちらから」など、ワンステップ上の情報を提供するようにします。

5. グラフィック

ユーザーの年齢、性別、趣味などの情報がある場合は、表示する図や画像なども、そのユーザーの好みに合いそうなものにすると良いでしょう。ユーザーの興味を引きそうなグラフィックを用意することで、サイト好感度のアップを狙います。

6. 入力フォーム

すでに得ている顧客情報をもとに、入力フォームに入力してもらう項目の数を調整します。すでにその顧客の名前や E メールアドレスの情報を得ているならば、もう一度入力してもらうなどということがないように、コントロールしましょう。

わかりやすく、使いやすく、探している情報がすぐ見つかるサイトへ

Web サイトのパーソナライゼーションを成功させるコツは、ユーザーにとってわかりやすく、使い勝手が良く、求めている情報がすぐに見つかるような仕組みを作ることです。Web上に多くのサイトが存在する中、他社との差別化を図れるよう、ぜひユーザーへのアピール度の高いパーソナライゼーションを目指してみてください。

参考サイト:
Here’s How to Make Your Website As Personalized as Your Email:MARKETO BLOG
How Much of Your Copy Is Totally Irrelevant? A Case for Web Personalization:COPY HACKERS

 新規事業・UXデザインのことなら私たちにご相談ください。

私たちは事業戦略に応じたプロダクトデザイン戦略策定からUXデザイン、人間中心設計に基づいたデザイン手法を実行することで事業の立ち上がりから成長までの過程を支援します。サービス開発、UXデザインのことでお困りの方は、rootまで気軽にご相談ください。

root

公式アカウント

root

公式アカウント

「芯を問い、成長に貢献する」をミッションに事業戦略に応じたプロダクトデザイン戦略の立案からUXデザイン、人間中心設計に基づいたデザイン手法を実行することで事業の立ち上がりから成長までの過程を支援します。

SNSをフォローする

ストーリー&インタビュー

人気の記事

問い合わせ

プロジェクトに関するご相談やお見積依頼はこちらからご連絡ください。社内で検討されたい方のために事業紹介をまとめた資料をお送りすることも可能です。

採用情報

rootのカルチャーに興味があり一緒に働きたいとお考えの方はこちらをご覧ください。正社員、パートナー、インターン等雇用形態に限らず受け付けております。