NOW LOADING... 0%

root inc

クライアントとデザインのイメージを共有する5つのポイント

なんとなくイメージしているものでいいものを作ってほしいクライアントと、業界用語が飛び出しそうな気持ちを抑えつつヒアリングをするデザイナー。そんな2人がどれだけイメージを可視化できるかが、デザインの完成度を左右します。

今回は、Webデザイン制作の打ち合わせをスムーズに進めるためのポイント5つをご紹介します。

打ち合わせで失敗しないための5つのポイント

1. 事前準備をばっちりと

クライアントとの打ち合わせ前には、必ず事前準備をばっちりと整えておきましょう。特に、市場調査として、競合のWebサイトからはじまり、クライアントがどのような商品・サービスを扱っているのか調べておくことも大切となります。

下準備をしっかりとしておくことで、打ち合わせではヒアリングのみならず、「競合はこうしていますから、うちはこうしましょう」や「御社の商品はここが特長ですから、ここを全面に出しましょう」などマーケティングをも考慮した、WEBサイト制作の提案ができるようになります。そこから信頼を得ることができれば、仕事もスムーズに進んでいくことでしょう。

2. クライアントと仲良くなろう

打ち合わせでは、デザインのすり合わせはもちろんですが、クライアントと仲良くなることも大切です。今後、お付き合いをしていくなかで、お互いのことを知っていれば仕事もやりやすくなるもの。クライアントに気に入ってもらえるように、身だしなみから、敬語まで、社会人として最低限のマナーを守りましょう。

仕事の話はもちろんですが、プライベートの話を少ししておくことで、クライアントとぐっと距離を近づけることができますよ。

3. サンプルを見てイメージを共有しよう

デザインのすり合わせでは、なるべくクライアントのイメージに近いものを見せながら、それを可視化するようにしましょう。

ノートパソコンを持参して、クライアントが言ったことに対して「それってこんなイメージですか?」と事例として挙げられそうなWebサイトのデザインを見せましょう。共有した情報をメモで残しておくことで、ズレを防ぐことができます。

4. 曖昧なものをなくしていこう

参考となるWebサイトを見せるのもそうですが、クライアントの大ざっぱな発言については、詰めていくようにしましょう。曖昧な表現では、双方がイメージしているものにズレが生じる恐れがあるからです。

「さわやかな感じにしたい」といえば、色でいえば青なのか?それとも白で表現したいのか? 透明度は出すのか? など質問し始めたらきりがありません。「どうしたいですか?」と聞いてしまうと、クライアントを困らせてしまいかねません。

そういう場合は、サンプルを見せながら「こういう青を使うと、さわやかな感じを出しやすいのですが、いかがでしょう?」と、プロの意見をおりまぜながら、クライアントに選んでもらうように質問をしていきましょう。

5. 納期と料金の話を明確にしておく

最後に、打ち合わせでは納期と料金の話をもう一度しっかりしていきましょう。ここがしっかりできてないと、いいものができてもトラブルが発生してしまいかねません。

「どこまでのデザインがこの料金での対応範囲なのか?」「修正が入った場合の料金と納期はどうなるのか?」クライアントの希望する納期と、対応可能な納期についても明確にしておきましょう。

Webデザイン制作は最初が大事

Webデザイン制作は最初が大事です。デザインの共有がうまくできていないまま作り始めてしまうと、クライアントと意見が合わずに迷走してしまいます。そんなことにないようにするには、最初の段階が最も重要だと肝に命じ、クライアントが作り上げたいイメージを可視化していきましょう。

参考:
Webディレクターを悩ませるデザインイメージ共有のためのテクニック田口真行氏
WEB制作の打ち合わせをスムーズに進める7つのポイントおさらい。TAKAYUKI氏

Pocket

人気記事

お問い合わせ

新規事業立ち上げやWebサービスの改善でお困りの方は
お気軽にご相談ください。
課題に応じたデザイン手法をご提案させていただきます。

お問い合わせフォームへ