root
181 views

事業成長のためにデザインするrootで2月に注目したサービスやプロダクトをピックアップ

2月はあっという間に過ぎ去り3月になりました。寒さも和らいできて、暖かい日も少しずつ増えてきましたね。

さて、今回はrootデザイナーが2月に気になったサービスを考察してみました。サービスのどんな部分が事業成長のためにデザインされているかをご紹介します。

三日坊主を克服するアプリ「継続する技術」

https://apps.apple.com/jp/app/継続する技術/id1120239484

「継続する技術」は三日坊主を克服するというコンセプトのアプリで2016年にリリースされました。コロナ禍で外出する機会が減り、仕事や学習、運動などは自宅で行うことが増えたニーズが増加し、緊急事態宣言が発令された2020年4月,5月のダウンロード数を直前の2ヶ月と比べて、51%増加しました。

「継続する技術」は継続する目標を1つしか決められず、30日継続したら新しい目標を設定できるようになります。目標を決める時は「毎日部屋を1分の片付け」「毎日本を1ページ読む」など簡単な目標を促してくれます。

他の目標アプリは複数の目標設定ができ、大きな目標を達成できる仕組みになっているが、継続する技術は簡単な目標を1つしか設定できないようにすることによって、継続するという行為のハードルを下げています。この部分が「目標設定を高くしすぎて継続できなかった」という問題を解決して、多くのユーザーに使われています。

食材を自動で栄養分析し、レシピを提案する「SIRU+(シルタス)」

https://sirutasu.com/

「SIRU+」はスーパーマーケットなどのポイントカードと連携することで、ユーザーが購入した食材を自動で栄養分析し、栄養バランスを保てる食材やレシピを提案してくれるスマホアプリです。また、使い続けることによって、ユーザーの食の好みを学習し、その人の食生活にあった買い物を提案してくれます。

このアプリで注目したいポイントは「購買データ」の活用方法です。SIRU+で取得した購買データを元に、買い物客の健康ニーズを分析するツール「SIRU+ Biz」を2020年11月にリリース。ターゲットは小売業や食品メーカーで、ユーザーの栄養状態や興味がある食品、実際の購入履歴を把握することで、商品の仕入れや棚割を最適化し、販売促進に活かすことができます。

ヘルスケアの領域において、栄養データはユーザーが自ら記録しないといけないため、貴重なデータとなっています。SIRU+では栄養データを取得するためアプリ内でマネタイズはせず、SIRU+ Bizでマネタイズしていくというビジネスを展開しています。

今を楽しむことに集中する写真SNS「Dispo」

https://apps.apple.com/us/app/davids-disposable/id1491684197?l=ja

「Dispo」はチャンネル登録者数1880万人の人気YouTuberDavid Dobrikが考案した写真SNSアプリです。最初はInstagramで使い捨てカメラで撮影した写真だけをアップするアカウントを作成。加工写真を使わないという現代とは逆行したアイデアでフォロワーを増やし、2020年1月に「David’s Disposable」という名前で初期バージョンがリリースし、2020年9月に現在の名前の「Dispo」になりました。

「Dispo」の最大の特徴は、撮った写真は翌朝9時にならないと確認することがなきないという部分です。Instagramはフィルターや明るさ調整などの加工機能が行えるが、写真を綺麗に撮ることばかりに注目してしまい、その場を楽しむという体験を損ねてしまう可能性がありました。

Dispoは写真が確認できないことによって、写真映えばかり気にするのではなく、「今を楽しむ」ことに集中できるアプリになっています。また、撮った写真を友達と共有しリアクションができる機能があり、翌朝9時に友人と離れた場所から写真を見るという新しい体験を生み出しています。

※DispoはClubhouseと同じく招待制で、1人に付き20人招待できます。日本では2月14日以降一気にユーザーが増え、現在はテスター人数が上限に達したため利用できなくなってます。

以上、rootで2月に注目したサービスやプロダクトでした。これからも社内で話題になった事業成長のためにデザインされているサービスやプロダクトをピックアップして紹介していきます。

 新規事業・UXデザインのことなら私たちにご相談ください。

私たちは事業戦略に応じたプロダクトデザイン戦略策定からUXデザイン、人間中心設計に基づいたデザイン手法を実行することで事業の立ち上がりから成長までの過程を支援します。サービス開発、UXデザインのことでお困りの方は、rootまで気軽にご相談ください。

root

公式アカウント

root

公式アカウント

「芯を問い、成長に貢献する」をミッションに事業戦略に応じたプロダクトデザイン戦略の立案からUXデザイン、人間中心設計に基づいたデザイン手法を実行することで事業の立ち上がりから成長までの過程を支援します。

SNSをフォローする

ストーリー&インタビュー

人気の記事

問い合わせ

プロジェクトに関するご相談やお見積依頼はこちらからご連絡ください。社内で検討されたい方のために事業紹介をまとめた資料をお送りすることも可能です。

採用情報

rootのカルチャーに興味があり一緒に働きたいとお考えの方はこちらをご覧ください。正社員、パートナー、インターン等雇用形態に限らず受け付けております。