root
629 views

広告費をドブに捨てる前に、知っておくべき重要な事実

WEB サイトを作ってみたものの、どうにもユーザーが集まらない。しかし、何を改善したらいいのかわからない。「アクセスが思うように集まらない」と頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか。

WEB マーケティングは、時代とともに、ものすごいスピードで変化しています。数年前に身に付けたWEB マーケティングの方法では、逆効果になることもあるでしょう。そこで今回は、最新の WEB マーケティングを参考に、アクセスアップについて考えていきたいと思います。

最新の WEB マーケティング動向

アクセス対策は、大きく分けると、「SEO 対策により、検索エンジンから誘導する方法」「SNS から誘導する方法」「広告から誘導する方法」の 3 つ。最近の動向としては、SEO 対策として、コンテンツ(WEB サイトの記事など)を充実させる「コンテンツマーケティング」に注目が集まっています。

これまでの SEO 対策としては、WEB サイト内の記事の中身よりも、記事のページ数や検索キーワードを増やすことが重要視されていました。しかし、近年、検索エンジン Google がコンテンツの質を判断できるようになったことから、Web マーケティングも変わり始めているのです。

SEO 対策として、「コンテンツマーケティング」が注目を集めはじめ、読み応えのあるコンテンツは増えています。今後も、さらに良質なコンテンツがインターネット上に増えていくだろうといわれています。

ビル・ゲイツも予測したコンテンツの重要性

マイクロソフト社の創設者ビル・ゲイツ氏は、15 年以上も前から「Content is King」(コンテンツは王様だ)と掲げ、コンテンツの重要性を予測していたといいます。

インターネット上に良質なコンテンツが増えていく中で、競合サイトに勝つためには、「お金を払ってでも読みたい」と思える高いクオリティーの情報を提供することです。

一昔前に流行った、一方的な売り文句や、誇大広告、うすっぺらい文章はユーザーの読む気をなくさせ、逆効果になることも。まず、「どうしたらユーザーに喜ばれるのか?」を一番に考え、コンテンツを増やしていくことが、アクセス数を伸ばし、成果をあげるための最良の方法なのです。

SNS を経由して誘導

顧客顧客を喜ばせるコンテンツが良いというのには、他にも理由があります。これまで、ユーザーを導入するためには、SEO 対策としてキーワードを意識したコンテンツが主流でした。しかし、Facebook や Twitter などの SNS の認知度が上がり、利用者が増えたことで、SNS 経由で WEB サイトにアクセスが流れてくるケースが増えてきたのです。

ユーザーが他のユーザーと共有したいと思うコンテンツは、SNS 上でシェアされます。すると、コンテンツの中身次第では、SEO 対策だけでは実現できないであろう、多くのユーザーを誘導することも可能となったのです。

顧客と「信頼」を築く

広告費に予算を投入すれば、一時的にアクセス数は伸びるかもしれません。しかし、WEB サイトのコンテンツが充実していなければ、ユーザーはすぐにページを閉じてしまうでしょう。

WEB サイトでもリアル店舗でも、顧客から信頼されるためには、時間を要するものです。広告で露出するだけでは、その信頼を獲得することはできません。しかし、良質のコンテンツを顧客に届けていくことで、その信頼を固いものにしていくことができるのです。コンテンツマーケティングは、「アクセスアップにつながるだけでなく、成約率も上げてくれる。」一石二鳥のマーケティングではないでしょうか。

参考記事:
Why content is king in today’s marketing By Sonja Jefferson

Photo: photo credit: ota_photos via photopin cc

 新規事業・UXデザインのことなら私たちにご相談ください。

私たちは事業戦略に応じたプロダクトデザイン戦略策定からUXデザイン、人間中心設計に基づいたデザイン手法を実行することで事業の立ち上がりから成長までの過程を支援します。サービス開発、UXデザインのことでお困りの方は、rootまで気軽にご相談ください。

root

公式アカウント

root

公式アカウント

「芯を問い、成長に貢献する」をミッションに事業戦略に応じたプロダクトデザイン戦略の立案からUXデザイン、人間中心設計に基づいたデザイン手法を実行することで事業の立ち上がりから成長までの過程を支援します。

SNSをフォローする

ストーリー&インタビュー

人気の記事

問い合わせ

プロジェクトに関するご相談やお見積依頼はこちらからご連絡ください。社内で検討されたい方のために事業紹介をまとめた資料をお送りすることも可能です。

採用情報

rootのカルチャーに興味があり一緒に働きたいとお考えの方はこちらをご覧ください。正社員、パートナー、インターン等雇用形態に限らず受け付けております。