NOW LOADING... 0%

root inc

Webマーケティングの 2 本柱「集客フロー」と「誘導フロー」とは?

「集客」と「誘導」の 2 つが効果を最大限に発揮するとき、Web マーケティングは流れに乗ることができます。広告費を投入して集客フローを強化しても、その先の誘導フローまで整備されてなければ効果を出すことはできません。ユーザーは Web サイトに訪れただけで、何もアクションを起こすことなく終わってしまいます。

今回は、Web マーケティングの 2 本柱「集客フロー」と「誘導フロー」についてみていきましょう。

Web マーケティングの第一歩「集客フロー」

集客フローの定番 SEO 対策

集客フローとは、Web サイトのアクセス数を伸ばすために、見込み客をそのサイトへ流し込むまでの道筋です。どんなにすばらしいサイトを作っても、アクセスがなければ結果につなげることはできません。集客フローは、Web マーケティングの第一歩となる重要なステップなのです。

効果的に集客フローを作る代表的な方法の1つとして、SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)があります。近年は、検索エンジン Google がコンテンツの質を判断できるようになったことから、コンテンツマーケティングに人気が集まっています。Web サイトにどれだけ充実した記事を入れられるかが、検索順位決定時の大きなポイントとなっているのです。

時代と共に変化する集客フロー

アクセスアップ対策には、Google リスティング広告やバナー広告などを出稿する方法もあります。今までは広告費を投入すれば、ある程度効果を期待することはできました。しかし現在は、ユーザーも広告に慣れてしまったために効果が弱まっています。

最近では、広告の効果を測定するためのアトリビューションという手法が登場し、注目を集めています。媒体の効果測定を行うことで、費用対効果の最適化を図ろうというものです。

無料オファーで見込み客を集める「誘導フロー」
小さなステップから誘導する

次に、Web サイトに訪れたユーザーを、どのように誘導していくのかについて考えていきましょう。誘導フローでポイントとなるのは、できるだけ小さなステップをとってもらい、成約につなげていくことです。

誰でも、最初から高額な商品を購入するのは戸惑うもの。そんなときに役に立つのが「無料オファー」です。Web サイト上で無料のオファーをすることで、自社商品・サービスに興味のある人をひきつけ、見込み客のメールアドレスやその他の連絡先を集めることが成約への第一歩となります。

リストを集めて成約につなげる

それでは、無料オファーについて具体的にご紹介しましょう。

・メールマガジン登録

メールマガジンは、見込み客を囲い込むのに最も定番で人気のある方法です。メールアドレスくらいならいいかと、気軽に登録する人が多いのもその理由。登録した見込み客へ旬のお得情報を定期的に送ることができます。

・資料ダウンロード

ユーザーが必要とする情報を無料でオファーし、そのダウンロードと引き換えに、メールアドレスなどの情報を入手するというものです。無料でもらえるなら欲しいと思ってもらえるだけの価値のある資料を用意し、オファーすることが重要となります。

・抽選プレゼント

アンケートに答えるとプレゼントがもらえたり、自社の Facebook ページのいいね!を押すとキャンペーンに参加できたりなど、ユーザーが気軽に応募してみたくなる抽選プレゼントをオファーする方法です。誰だって、得をすることは嬉しいもの。ささやかなプレゼントをオファーし、ユーザーに自社のファンになってもらいましょう。

試行錯誤をしながら強化につなげる

Web サイトは楽観的な運だのみで制作・運営してはいけません。試行錯誤を繰り返し、原因と結果を探りながらマーケティングに取り組むことで、今回ご紹介した 2 つのフローを強化していくことができるでしょう。

参考:
効果の上がるサイト制作のための Web マーケティング基礎
6 Must-Have Website Calls-to-Action that are Sure to Convert by Dayna Rothman

Pocket

人気記事

お問い合わせ

新規事業立ち上げやWebサービスの改善でお困りの方は
お気軽にご相談ください。
課題に応じたデザイン手法をご提案させていただきます。

お問い合わせフォームへ