root
1,169 views

ついに登場!身体と一体化するウェアラブルデバイス

Google 社が開発するウェアラブルデバイスといえば、メガネ型デバイスの Google Glass が有名ですが、現在、それをさらに進化させたデバイスが、同社で開発されていることが明らかになりました。
今度は「スマート・コンタクトレンズ」とも言うべき、目に入れるタイプのデバイスです。

現在はまだ試作品の段階で、実用化にはしばらく時間がかかると考えられています。
しかし、同社はすでにいくつかの臨床研究を実施したことを発表しており、早期の製品化が期待されています。
それではこの「スマート・コンタクトレンズ」とは、いったいどのようなデバイスなのでしょうか。

 

医療用機器として開発が進められる

現在のところ、このコンタクトレンズは糖尿病患者の血糖値を管理するための、医療用機器として開発されています。
レンズは 2 層のソフトレンズで構成されており、間に極小化されたワイヤレスチップと、グルコースセンサー、アンテナが搭載されています。
涙に含まれるグルコース濃度をセンサーが感知し、アンテナを通して別のデバイスへ血糖値(血中のグルコース濃度)を表示させることができます。

糖尿病患者は血糖値を常に調節する必要があり、これまでは指先に針を刺す方法で採血することで、そのコントロールを行っていました。
血糖値は日常生活の中で頻繁に変化するもので、食事や運動などをきっかけに急激に上昇、低下することも珍しいことではありません。
急激な変化は危険を伴うため、糖尿病患者は 1 日に何度も血糖値を検査する必要があります。
ところが、指に針を刺すという煩わしさから、多くの患者が規定より少ない回数の検査で済ませてしまうケースもありました。

しかし、この「スマート・コンタクトレンズ」が実用化されれば、着用している間は常に血糖値をモニターすることができるようになります。
採血の際、指に針を刺すという煩わしさからも開放され、より効果的に血糖値の調節ができると期待されています。

 

身体と一体化するデバイス

この「スマート・コンタクトレンズ」は医療用機器としても開発中の段階ですが、すでに、一般消費者向けのウェアラブルデバイスとして応用されることを期待する声もあります。
例えば Google Glass では、メガネの前に小さなクリスタルのモニターが搭載されています。
これがさらに極小化され、2 枚のソフトレンズの間に収まるサイズになれば、スマートフォンのような、一般的なデバイスと同じ使い方ができるようになるかもしれません。

 

今後開発される技術との融合に期待

Google 社の発表によると、すでに臨床研究が進んでおり、プロトタイプの製品は開発されていますが、量産はまだまだ先の話のようです。
一方で、Nature Nanotechnology 誌の記事によれば、「暗闇でも良好な視界を確保できるコンタクトレンズ」がアメリカのミシガン大学で研究されているという報告もあります。

将来的には、こうした技術の応用により、視力の補助などに役立つレンズの開発が行われることも期待したいものです。
この「スマート・コンタクトレンズ」は、この先どのような進化を遂げるのでしょうか。
今後も目が離せません。

 

参考サイト:
Google’s Contact Lens for Diabetes – a Lesson in Real Wearable Tech Revenue Generation
グーグル、スマートコンタクトレンズを開発中–「Google X」最新プロジェクト
暗闇でも視界が広がる「スマートコンタクトレンズ」! 次世代ウェアラブルデバイスの真打ち登場!?

 新規事業・UXデザインのことなら私たちにご相談ください。

私たちは事業戦略に応じたプロダクトデザイン戦略策定からUXデザイン、人間中心設計に基づいたデザイン手法を実行することで事業の立ち上がりから成長までの過程を支援します。サービス開発、UXデザインのことでお困りの方は、rootまで気軽にご相談ください。

root

公式アカウント

root

公式アカウント

「芯を問い、成長に貢献する」をミッションに事業戦略に応じたプロダクトデザイン戦略の立案からUXデザイン、人間中心設計に基づいたデザイン手法を実行することで事業の立ち上がりから成長までの過程を支援します。

SNSをフォローする

ストーリー&インタビュー

人気の記事

問い合わせ

プロジェクトに関するご相談やお見積依頼はこちらからご連絡ください。社内で検討されたい方のために事業紹介をまとめた資料をお送りすることも可能です。

採用情報

rootのカルチャーに興味があり一緒に働きたいとお考えの方はこちらをご覧ください。正社員、パートナー、インターン等雇用形態に限らず受け付けております。